RSS

タイ仏教界の混乱拡大、幹部官僚ら逮捕

2018年8月2日(木) 20時35分(タイ時間)
【タイ】タイ警察は仏教寺院をめぐる横領、資金洗浄などの疑いで、国家仏教事務局のパノム元局長、チャイヤポン副局長、プラノーム元副局長ら10人の逮捕状をとり、1日、このうちパノム元局長を含む8人を逮捕した。プラノーム元副局長は6月から国外に滞在し、逮捕を免れた。

 国家仏教事務局はタイ仏教僧団や政府の仏教関連の実務を担当する首相直轄の組織。

 タイの仏教界は僧団上層部と国家仏教事務局幹部が結託した汚職が摘発され、混乱が続いている。2017年には、国家仏教事務局のノパラット元局長が横領、資金洗浄などで起訴され、数千万バーツ相当の資産が差し押さえられた。今年5月には、高位の僧侶で構成されるタイ仏教僧団最高評議会の委員3人を含む高僧7人に横領、資金洗浄などの疑いで逮捕状が出て、このうち委員2人ら6人が逮捕された。逮捕を免れた委員1人は6月にドイツのフランクフルト空港で身柄を拘束され、タイ当局が身柄の引き渡しを求めている。
《newsclip》

注目ニュース

タイで仏教僧団法改正案可決、疑惑の上層部にメスかnewsclip

【タイ】タイ軍事政権が選任した暫定国会「立法議会」は5日、タイ仏教僧団法改正案を賛成217票、反対0票、棄権4票で可決した。官報掲載後、施行される。

【タイ】タイのテレビ報道によると、バンコクの名刹ワットサケート寺の住職補佐、プラウィスットサーサナウィテート僧がポルノを所持していたことが発覚し、同僧は4日、還俗した。

【タイ】高位の僧侶で構成されるタイ・サンガ(タイ仏教僧団)最高評議会の元メンバーで、タイ政府がバンコクの名刹ワットサケート寺などに交付した資金を横領した疑いで指名手配されたプラプロムメーティー僧が2...

横領・資金洗浄容疑で高僧5人逮捕、名刹住職逃亡中 タイ仏教界に激震 newsclip

【タイ】タイ当局は24日、バンコクの名刹ワットサケート寺とワットサムプラヤー寺、ワットサムパンターウォン寺を捜索し、横領、資金洗浄などの疑いで、高僧5人と寺の職員4人を逮捕した。

【タイ】タイ当局は24日、中部ナコンパトム県のオーノイ寺を捜索し、非合法な秘密結社に属したほか、故プミポン前国王とシリキット王妃のイニシャルを偽造したとして、同寺の住職、プッタイサラ僧(本名、スウィ...

新大僧正の寺で小火、関係者は放火否定 バンコクのラーチャボピット寺newsclip

【タイ】9日朝、バンコク都内のワット・ラーチャボピット寺で小火があり、建物の木製の扉の一部が焼損した。寺の関係者は、漏電が原因として、放火を否定している。警察は当面の間、ラーチャボピット寺の警備を...

タイ新興仏教団体絡みの巨額横領事件、不動産王に捜査の手newsclip

【タイ】タイ法務省特捜局(DSI)は17日、タイの不動産大手ランド・アンド・ハウスのアナン・アサワポーキン最高経営責任者(CEO)を資金洗浄(マネーロンダリング)の疑いで取り調べると表明した。

特集



新着PR情報