RSS

ビエンチャン空港国際線ターミナル、運営契約10年延長

2018年8月9日(木) 21時00分(タイ時間)
【ラオス】JALUX(ジャルックス)と豊田通商は9日、ビエンチャンのワッタイ国際空港の国際線ターミナルの運営契約を2019年3月から10年間延長することでラオス公共事業・運輸省と基本合意したと発表した。

 ワッタイ国際空港の国際線ターミナルはJALUX、豊田通商とラオス空港公団が1999年に設立した合弁会社ラオ・ジャパン・エアポート・ターミナル・サービスが運営してきた。同空港の2017年の国際線旅客数は約138万人で、運営を開始した1999年の約10万人から大きく拡大している。
《newsclip》


新着PR情報