RSS

世界の大学学術ランキング2018、日本はTop100に3大学

2018年8月16日(木) 20時43分(タイ時間)
世界の大学 学術ランキング2018(1位~15位)の画像
世界の大学 学術ランキング2018(1位~15位)
画像出典:ShanghaiRanking Consultancy "Academic Ranking of World Universities 2018"
世界の大学 学術ランキング2018(日本)の画像
世界の大学 学術ランキング2018(日本)
画像出典:ShanghaiRanking Consultancy "Academic Ranking of World Universities 2018"
 ShanghaiRanking Consultancyは2018年8月15日、「世界の大学 学術ランキング(ARWU)2018」を発表した。ハーバード大学が16年連続で1位を達成。日本は22位の東京大学、35位の京都大学、83位の名古屋大学など16大学がトップ500にランクインした。

 「世界の大学 学術ランキング(ARWU:Academic Ranking of World Universities)」は、ノーベル賞やフィールズ賞(Fields Medals)を受賞した同窓生やスタッフの数、研究者の数、ネイチャー誌やサイエンス誌に掲載された論文数、サイエンス誌で索引付けされた論文の数、クラリベイト・アナリティクスが提供するWeb of Scienceデータの引用分析によって決定される「高被引用論文著者(Highly Cited Researchers)」の数など、6つの客観的指標をもとに世界の大学をランキング化したもの。2003年より毎年発表されており、2018年は世界トップ500から世界トップ1,000にリストが拡張され公開されている。

 ARWU2018の総合ランキングのトップ5は、1位「ハーバード大学」(米国)、2位「スタンフォード大学」(米国)、3位「ケンブリッジ大学」(英国)、4位「マサチューセッツ工科大学(MIT)」(米国)、5位「カリフォルニア大学バークレー校」(米国)。ハーバード大学が16年連続で1位を獲得した。国別に見ると、米国はトップ10に8大学、トップ100には46大学、トップ500には139大学がランクイン。また、英国はトップ10に2大学、トップ100には8大学、トップ500には39大学がランクインした。

 日本は、22位の「東京大学」と35位の「京都大学」がアジアでトップを維持した。続いて、83位「名古屋大学」、101~150位「大阪大学」「東北大学」、151~200位「北海道大学」「東京工業大学」、201~300位「九州大学」「筑波大学」、301~400位「千葉大学」「慶應義塾大学」「岡山大学」、401~500位「神戸大学」「徳島大学」「東京理科大学」「早稲田大学」が500位以内にランクインした。

◆世界の大学 学術ランキング2018
1位「ハーバード大学」(米国)
2位「スタンフォード大学」(米国)
3位「ケンブリッジ大学」(英国)
4位「マサチューセッツ工科大学(MIT)」(米国)
5位「カリフォルニア大学バークレー校」(米国)
6位「プリンストン大学」(米国)
7位「オックスフォード大学」(英国)
8位「コロンビア大学」(米国)
9位「カリフォルニア工科大学」(米国)
10位「シカゴ大学」(米国)

◆世界の大学 学術ランキング2018(日本)
22位「東京大学」
35位「京都大学」
83位「名古屋大学」
101~150位「大阪大学」「東北大学」
151~200位「北海道大学」「東京工業大学」
201~300位「九州大学」「筑波大学」
301~400位「千葉大学」「慶應義塾大学」「岡山大学」
401~500位「神戸大学」「徳島大学」「東京理科大学」「早稲田大学」
《工藤めぐみ@リセマム》

注目ニュース

アジアでもっとも革新的な大学ランキング2018、トップ10に4大学newsclip

 ロイターはクラリベイト・アナリティクスとの提携により、2018年版「アジアでもっともイノベーティブな大学ランキングTop75」を発表した。1位「KAIST」、2位「東京大学」、3位「浦項工科大学校」で、日本の大学...

H30「諸外国の教育統計」学部生に対する大学院生の比率、日本は1割未満newsclip

 文部科学省は平成30年5月24日、平成30年(2018年)版の「諸外国の教育統計」を公開した。日本とアメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、中国、韓国における学校統計図や大学の学生納付金など、教育状況に...

日本人の海外大留学生、96.4%が満足…実際に困ったことは?newsclip

 海外の大学で学ぶ日本人留学生の96.4%が、留学して「大変良かった」「良かった」と感じていることがDISCOの調査からわかった。一方で、日本の就活スケジュールについて「賛成」より「反対」の方が多く、4割以...



新着PR情報