RSS

【PR】知って得するタイ医療 質問その5 タイは日本と比べて新開発の医療機器や薬剤の導入が早い?

2018年8月22日(水) 10時45分(タイ時間)
Q. タイは日本と比べて新開発の医療機器や薬剤の導入が早いと聞きます。日本では他国での実績を見極めるため、導入までに非常に時間がかかると聞きますが、本当でしょうか?

A. 新しい薬はタイの方が早く導入される場合もあります。

 日本の場合は日本の製薬会社で製造された薬が利用されるケースが多く、特にワクチンはほぼ国内で製造されたものが使用されています。このような場合、薬の認可を取得するには日本のガイドラインに沿って日本人を対象に治験を行うため、多くの時間が必要となります。

 一方、欧米の医療技術を積極的に取り入れているタイでは、海外の製薬会社で製造された薬を使用するケースが多くみられます。日本と同じようにタイ政府の認可を取得しなければいけませんが、欧米で認可をされた薬はタイでの認可の取得は比較的短いです。ただし、新しい薬に関しては日本と同じくらいの審査期間を要します。

 また、日本では処方箋が必要な薬もタイでは市場に流通しているものが多く、処方箋なしで薬局で購入することが可能です。

 医療機器もタイでは欧米など海外で認可を受けた機器が利用されるケースが多く、それらの機器は比較的短い期間でタイ政府から認可を取得出来ることもあります。

Bangkok Hospital, Japan Medical Service(ジャパン・メディカルサービス)
Tel:0-2310-3257 Open:07:00~17:00 Fax:0-2755-1261
Email:jpn@bangkokhospital.com Website:www.bangkokhospital.com

則竹淳
名古屋大学医学部非常勤講師
名古屋大学大学院医学系
研究科卒(医学博士)
《newsclip》