RSS

欧州で流行のはしか タイでもバンコクなど70都県で感染報告

2018年8月22日(水) 20時38分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省によると、1月1日―8月17日にタイ国内で報告があった麻疹(はしか)患者は70都県の1594人で、このうちバンコク都が347人を占めた。死亡報告はない。

 人口10万人あたりの感染者数が最も多かったのは中部プラジュアブキリカン県で19.4人、次いでサムットサコン県10.8人、南部ヤラー県10.3人、東北部アムナートジャルーン県9.6人、北部チェンマイ県9.2人だった。

 はしかについては、世界保健機関 (WHO)が20日、今年に入り欧州で流行していると警告した。欧州でのはしか患者数は2016年5273人、2017年2万3927人で、今年は1―6月に4万1000人以上が感染し、少なくとも37人が死亡した。
《newsclip》

注目ニュース

タイ 1―7月のデング熱患者3.8万人、45人死亡newsclip

【タイ】タイ保健省によると、年初から7月末までにタイ国内で報告があったデング熱、重症型のデング出血熱とデングショック症候群の患者数は3万7793人で、このうち45人が死亡した。

【タイ】タイ保健省は23日、年初から今月20日までにバンコク都内で報告があったジカウイルス感染症(ジカ熱)患者が124人だったと発表した。

【タイ】タイ保健省は23日、過去1週間に、東北部ブリラム県で男性(19)が、東部ラヨン県で女性(55)が、狂犬病で死亡したと発表した。



新着PR情報