RSS

三井化学、シンガポールで高機能エラストマー増産

2018年8月26日(日) 21時00分(タイ時間)
【シンガポール】三井化学はシンガポールの100%子会社ミツイ・エラストマーズ・シンガポールで高機能エラストマー「タフマー」の生産能力を現在の年20万トンから22.5万トンに増強する。2020年7月完工の予定。

 「タフマー」は自動車材、包装資材、太陽電池封止材、エンジニアリングプラスチック改質材、スポーツシューズのミッドソール材など幅広い用途で使用されている。特に自動車材の需要が伸びると判断、生産能力の増強を決めた。
《newsclip》

注目ニュース

三井化学、リチウムイオン電池向け電解液の生産能力を増強…中国のEV需要に対応newsclip

三井化学は、台湾プラスチックス社(FPC)との折半出資会社である台塑三井精密化学(FMAC)におけるリチウムイオン電池向け電解液の設備能力増強が完了し、2017年11月より営業運転を開始したと発表した。

【タイ】三井化学は3日、全額出資の販売会社「三井化学タイランド」(資本金1・5億バーツ)をバンコクに設立したと発表した。7月に営業を開始する予定。自動車、包装材、メガネレンズ材料などへの自社製品の...

三井化学、タイで紙おむつ向け通気性フィルム生産能力増強newsclip

【タイ】三井化学は28日、紙おむつ向け不織布、通気性フィルムを製造販売するタイ子会社ミツイ・ハイジーン・マテリアルズ(タイランド)(東部ラヨン県イースタンシーボード工業団地)が紙おむつ向け通気性フ...