RSS

日産ブランド初の中国向けEV、シルフィ…量産第一号車がラインオフ

2018年8月27日(月) 21時47分(タイ時間)
日産シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)の画像
日産シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
《撮影 平川亮》
日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)の画像
日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
《撮影 平川亮》
日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)の画像
日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
《撮影 平川亮》
日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)の画像
日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
《撮影 平川亮》
日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)の画像
日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
《撮影 平川亮》
日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)の画像
日産 シルフィ・ゼロエミッション(北京モーターショー2018)
《撮影 平川亮》
日産自動車の中国部門は8月27日、日産ブランド初の中国向けEV、『シルフィ・ゼロエミッション』の量産第一号車がラインオフした、と発表した。

同車は、日産の中国市場における最量販セダン、『シルフィ』をベースに開発されたEV。日産『リーフ』と同じプラットフォームを利用。リーフのコア技術を継承することで、安心感のある安定した走りを追求する。

シルフィ ゼロエミッションは、100%電動パワートレインならではの力強い走行性能に加えて、先進技術と広い室内空間が特徴。また、航続は中国の測定モードで338kmを達成しており、長距離ドライブを楽しむことができるという。

バッテリーはシート下に配置するEV専用プラットフォームにより、クラストップの広さを持つレッグルームと、快適で広々としたキャビンを追求。人間工学に基づいて設計されたシートは、ヒーター機能をオプション設定することで、快適性を高めた。

このシルフィ ゼロエミッションの量産第一号車が、東風日産の花都工場からラインオフ。同車は、中国で初めての日産ブランドのEV。日産は、シルフィ ゼロエミッションが、中国市場における日産インテリジェントモビリティ戦略を牽引する、としている。
《森脇稔@レスポンス》