RSS

7月の中国人訪タイ微減、47人死亡の沈没事故影響か

2018年8月29日(水) 20時23分(タイ時間)
【タイ】タイ観光スポーツ省によると、タイを訪れた中国人は1―7月が前年同期比21.4%増の686万924人、7月単月では前年同月比0.9%減の92万9771人だった。

 タイでは7月5日に南部プーケット島沖でダイビング船が沈没し、中国人客47人が死亡する事故があり、安全面の懸念が強まった。また、タイ政府幹部が、沈没事故を起こした船の運航会社は中国人がタイ人の名義人を使って違法に設立、営業していたとして、中国人に責任があるという見方を示し、中国国内で反発が広がった。こうした影響から、中国人によるタイ旅行のキャンセルが相次いだもよう。8月以降も落ち込みが続く恐れがあり、タイ政府は主要空港に中国人専用の入国審査窓口を設けるなど中国人重視の姿勢をアピールしている。

 タイを訪れた外国人の総数は1―7月が11%増、2265万7730人、7月単月では2.9%増、317万5981人だった。
《newsclip》

注目ニュース

タイの主要5空港、中国人専用の入国審査窓口開設newsclip

【タイ】タイ当局は国内の主要5空港に中国人専用の入国審査窓口を開設し、3日、中国メディアなどに公開した。

中国人多数死亡の転覆事故 タイ副首相、「中国人に責任」発言で炎上newsclip

【タイ】5日夕方、タイ南部プーケット島沖で観光船が沈没し、乗客の中国人多数が死亡、行方不明になった事故で、タイのプラウィット副首相兼国防相が9日、中国人経営の旅行会社が事故を起こしたという趣旨の発言...



新着PR情報