RSS

スズキ、中国四輪市場から撤退へ 長安汽車との合弁解消

2018年9月4日(火) 20時33分(タイ時間)
長安鈴木(webサイト)の画像
長安鈴木(webサイト)
スズキは9月4日、中国・長安汽車との合弁事業を解消、長安鈴木のスズキ保有株式50%分を長安汽車に譲渡することで合意したと発表した。

長安鈴木は、1995年5月の生産開始以来、スズキの車作りのノウハウを用いながら、中国市場に、手頃な価格で買うことの出来る車作りを目指してきた。『アルト(奥拓)』など、小型車を中心に事業を展開してきたが、近年、中国ではSUVをはじめとする大型車に人気が集まり、販売が低迷していた。

今回の合意により、スズキは長安鈴木の全持分を長安汽車に譲渡し、長安鈴木は長安汽車の100%子会社として経営を継続。ただし、スズキは長安鈴木に対し、スズキモデルの生産・販売のライセンスを継続する。

スズキの鈴木修会長は、今回の合弁解消について「約25年前に『アルト』を投入し、中国市場の開拓に努力してきたが、中国市場が大型車の市場に変化してきたこともあり、全持分を長安汽車に譲渡することとした」とコメントした。

スズキは今年6月、中国におけるもう1つの合弁会社である昌河鈴木についても、販売不振による合弁解消を発表しており、事実上、中国市場から撤退。今後は主力市場であるインドへ経営リソースを注力していく方針だ。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報