RSS

AGC、インドネシアでPVC生産能力増強

2018年9月5日(水) 21時33分(タイ時間)
アサヒマス・ケミカルの画像
アサヒマス・ケミカル
写真提供、AGC
【インドネシア】AGC(東京都千代田区)はインドネシアのグループ会社アサヒマス・ケミカル(ASC)の塩化ビニル樹脂(PVC)の年産能力を20万トン増の75万トンに増強する。2021年第2四半期の操業開始を予定。

 同社グループの東南アジアでのPVC年産能力は約120万トンになる。
《newsclip》

注目ニュース

【インドネシア】三菱ケミカルは9日、インドネシアのPVC(ポリ塩化ビニル)コンパウンドメーカーであるABCプラスティンドの全株式を8月をめどに取得すると発表した。取得額は明らかにしていない。

【タイ】堺化学工業(大阪府堺市)は27日、塩ビ樹脂安定剤を製造販売するタイ企業、サイアム・スタビライザー・アンド・ケミカル(SSC)を買収すると発表した。



新着PR情報