RSS

大和ハウス、ベトナム南部にマルチテナント型物流施設

2018年9月5日(水) 21時33分(タイ時間)
【ベトナム】大和ハウス工業(大阪市)はベトナム南部ドンナイ省のロックアンビンソン工業団地で複数の顧客が入居できるマルチテナント型物流施設を開発する。

 1棟目は敷地面積約6万6000平方メートル、賃貸面積約3万2000メートルで、2019年6月竣工、2棟目は敷地面積約6万6000平方メートル、賃貸面積約3万メートルで、2020年3月竣工の予定。総事業費約33億円を見込む。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】「ビヤシン」で知られるタイのビール大手ブンロート・ブルワリー傘下の不動産デベロッパー、シン・エステートは22日、大和ハウス工業と合弁で、バンコクのソイ・スクムビット43通りで分譲マンションを開...

大和ハウス、ジャカルタ郊外に大型マルチテナント型物流施設newsclip

【インドネシア】大和ハウス工業は31日、ジャカルタ郊外の西ジャワ州ブカシ地区で大型マルチテナント型物流施設「DMLPフェーズ1―2」を開発すると発表した。

大和ハウスなど ジャカルタ郊外で大規模マンション開発newsclip

【インドネシア】大和ハウス工業(大阪市)と海外交通・都市開発事業支援機構(東京都千代田区)はインドネシアの不動産デベロッパー、TRIVOと共同で、ジャカルタ南東部で大規模な複合都市開発に乗り出す。

大和ハウス、ベトナム北部ハイフォンでホテル開発newsclip

【ベトナム】大和ハウス工業(大阪市)とフジタ(東京都渋谷区)はベトナム北部のハイフォン市でホテルを開発運営する。日本人の駐在員、出張者、観光客などがターゲットで、今年6月着工、2020年開業の予定。

【ベトナム】大和ハウス工業(大阪市)と大成建設(東京都新宿区)はベトナムに合弁会社を設立し、ハノイ市中心部から約8キロの新興開発エリアであるコウザイ地区にサービスアパート、オフィスなどを建設する。

特集



新着PR情報