RSS

大和ハウス、バンコクで戸建て住宅・マンション開発

2018年9月6日(木) 12時09分(タイ時間)
【タイ】大和ハウス工業(大阪市)は「ビヤシン」で知られるタイのビール大手ブンロート・ブルワリーと共同で、タイで戸建て分譲住宅と分譲マンションの開発に乗り出す。

 戸建て分譲住宅事業では、ブンロート傘下の不動産会社ナワナーダイイーとの合弁会社を通じ、バンコク東郊サパーンスーン区の約4.3ヘクタールの土地に3階建ての戸建て住宅80戸を建設する。2019年5月入居開始の予定。販売価格は2000万ー5000万バーツ(約6800万ー1億7000万円)。総事業費約75億円。

 分譲マンション事業では、ブンロート傘下の不動産会社シン・エステートとの合弁会社を通じ、バンコク都心のソイ・スクムビット43通りに地上7階のマンション2棟(総戸数107戸)を開発する。2020年8月竣工の予定。販売価格は1399万バーツから。総事業費約57億円。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクのソイ・スワンプルーで億ション開発 タイ住宅大手プルクサーnewsclip

【タイ】タイの住宅大手プルクサー・リアルエステートはバンコク都内のソイ・スワンプルー通り(ソイ・サトン3通り)で「モダン・ヨーロピアン・タイ・コロニアル」をコンセプト」とする高級高層マンション「ザ・...

バンコクで積水化学のユニット住宅newsclip

【タイ】タイの不動産デベロッパー、サイアミーズ・アセットは積水化学工業のユニット住宅をバンコク都カンナーヤオ区のソイ・ラムイントラ64通りで開発、販売する。

【タイ】九州旅客鉄道(JR九州)は27日、9月をめどに、フージャースホールディングス(東京都千代田区)、タイの不動産デベロッパー、オール・インスパイア・デベロップメントとタイに合弁会社を設立し、バンコク...

阪急阪神不動産、バンコクのチャオプラヤ川西岸でマンション開発newsclip

【タイ】阪急阪神不動産(大阪市北区)はタイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメントと共同で、バンコクのチャオプラヤ川西岸、トンブリ区で分譲マンションを開発する。

【タイ】住友林業はタイの不動産デベロッパー、プロパティーパーフェクト(PF)、PF傘下のグランド・アセット・ホテルズ&プロパティーと設立する特定目的会社を通じ、バンコクのチャオプラヤ川沿いで高層分譲マ...

阪神阪急不動産、バンコク南郊で分譲マンション開発newsclip

【タイ】阪急阪神不動産(大阪市北区)はタイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメントと共同で、バンコク南郊のサムットプラカン県バンプリ郡で分譲マンションを開発する。

【タイ】東京急行電鉄グループとタイの大手不動産デベロッパー、センシリはタイに合弁会社を設立し、バンコクの2カ所でマンションを開発する。

東京建物、バンコクの2カ所でマンション開発newsclip

【タイ】東京建物(東京都中央区)はタイの不動産デベロッパー、レイモンランドと設立する合弁会社を通じ、バンコク都心の高架電車BTSプロムポン駅近くとチョンノンシー駅近く(サトン・ソイ12通り)で分譲マンシ...



新着PR情報