RSS

狙いは共和国化? 「タイ連邦」Tシャツで2人逮捕

2018年9月13日(木) 23時35分(タイ時間)
【タイ】「タイ連邦組織」という文字と赤白の旗をプリントしたTシャツがタイ国内に出回り、タイ軍事政権が不敬罪などの疑いで取り締まりに乗り出した。

 「タイ連邦」が王国というタイの国体を否定している上、タイの国旗から王室を意味する「青」を抜いた旗を使用しているというのが理由。Tシャツの背後にはタイの共和国化を望む勢力がいるとみている。

 このTシャツを配った疑いで、6日、バイクタクシー運転手のタイ人女性(30)をバンコク郊外の民家で逮捕し、バンコク都内の軍基地に連行した。13日には、Tシャツの製造配布に関わったとして、東部チョンブリ県在住の露天商のタイ人女性(55)を逮捕した。

 タイ軍政は、タクシン元首相派政権を倒した2014年の軍事クーデター後に隣国ラオスに逃亡したタクシン派メンバーが今回のTシャツ騒ぎに関わっている疑いがあるとみて、ラオス政府に捜査協力を求めている。

 タイでは2006年以降、東北部と北部の住民、バンコクの中低所得者層の支持を集めるタクシン派と、特権階級、南部住民とバンコクの中間層を中心とする反タクシン派の抗争が続き、政治・社会が混乱している。反タクシン派が重視する伝統的な階級・民族秩序に地方、低所得者層が挑戦する形で、タクシン派が選挙で勝ち続ける一方、反タクシン派は軍と司法、デモを駆使してタクシン派政権をひっくり返し、事態が収拾するめどは立っていない。

 反タクシン派の軍政は民政移管のための議会下院総選挙を2019年に実施する方針だが、議会上院を軍政の任命制としたほか、有力政治家の自陣への取り込みに力を入れ、総選挙後もタクシン派の復活を許さず、政権を担う姿勢をみせている。


〈タイ政局の主な動き〉
■2001年
警察官僚から実業家を経て政界入りしたタクシン氏率いる政党が、地方、低所得者層へのばらまき政策を掲げ、議会下院選で勝利。タクシン氏が首相に。
■2005年
任期満了にともなう下院選でタクシン派政党が議席の75%を得て圧勝。タクシン首相が2期目。
■2006年
反タクシン派がバンコクで大規模なデモ。タクシン首相が下院を解散、総選挙に踏み切るが、反タクシン派の民主党がボイコット。憲法裁判所が選挙無効の判決。9月に軍事クーデターが発生し、タクシン政権崩壊。
■2007年
軍事政権が民主主義を制限した新憲法を制定。民政移管のため実施された下院選で2代目タクシン派政党が勝利。タクシン派政権発足。
■2008年
反タクシン派デモ隊がバンコクの首相府、スワンナプーム空港などを占拠。最高裁判所が選挙違反でタクシン派政党を解党し、政権崩壊。民主党を中心とするアピシット連立政権発足。
■2010年
バンコク都心を占拠したタクシン派デモ隊を軍が鎮圧。90人以上が死亡、約2000人が負傷。
■2011年
下院選で3代目タクシン派政党が勝利。タクシン氏の妹のインラク氏が首相に就任。
■2013年
インラク政権・与党がタクシン派と反タクシン派の政治抗争で投獄、訴追された人に包括的な恩赦を与える恩赦法案の成立を図る。10月、民主党が大規模な反政府デモを開始。12月、インラク首相が下院を解散。
■2014年
1月から反タクシン派デモ隊がバンコクの主要交差点を占拠。2月の下院選は民主党がボイコットした上、民主党系のデモ隊が投票を妨害し、3月に憲法裁が選挙無効の判決。5月7日、幹部官僚人事をめぐる職権乱用を理由に、憲法裁がインラク首相ら10閣僚を解任。5月20日、軍が戒厳令を布告し、実権を掌握。同22日、クーデターを宣言し、インラク政権崩壊。
■2017年
軍政が民主主義を制限した新憲法を施行。インラク前首相が汚職裁判の判決前に国外に逃亡。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】2019年の実施が予想される民政移管のためのタイ議会下院(定数500)総選挙を前に、同国の2大政党のひとつである民主党が軍事政権との関係をめぐり揺れている。



新着PR情報