RSS

ミャンマー難民キャンプで土石流 1人死亡、7人不明 タイ北部メーホンソン

2018年9月17日(月) 23時19分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ陸軍PRセンター
 の画像
 
写真提供、タイ陸軍PRセンター
 の画像
 
写真提供、タイ陸軍PRセンター
 の画像
 
写真提供、タイ陸軍PRセンター
【タイ】16日夜、ミャンマー国境に近いタイ北部メーホンソン県のミャンマー難民キャンプで土石流が発生し、2歳の女児が死亡、男女7人が行方不明になり、11人がけがをした。雨期の長雨の影響で地盤が緩んだとみられている。

 ミャンマーでは第2次世界大戦終結直後からビルマ族を中心とする軍事政権と少数民族武装勢力の内戦が続いた。内戦によるタイへの難民流入は1980年代に始まり、現在もカレン族、モン族といった少数民族を中心とする難民10万人以上がタイ国内の難民キャンプで暮らしている。
《newsclip》

注目ニュース

タイ北部のミャンマー難民キャンプで火事、50棟全焼 newsclip

【タイ】5日夜、タイ北部メーホンソン県のミャンマー国境にあるミャンマー難民キャンプで火事があり、木造の住居約50棟が全焼した。死者、けが人はなかった。

【ミャンマー、タイ】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は25日、タイ国内のミャンマー難民の自主的帰国が始まったと発表した。

特集



新着PR情報