RSS

【PR】語尾は「ッ」で止めましょう 必ず身に付く一言レッスン - タイ語編(1)

2018年9月18日(火) 22時50分(タイ時間)
「かぜをひいています」。日本語を話すタイ語のピム先生の画像
「かぜをひいています」。日本語を話すタイ語のピム先生
 タイ語の単語の語尾は、はっきり発音されませんね。

 例えば市場の「タラート」。タイ人にとって語尾の「ト」を存在していますが、聞こえてくるのは「タラー」です。でも「タラー」とだけ発音すると、聞き手のタイ人は戸惑ってしまいます。単語としてはあくまでも「タラート」だからです。

 コツは、促音「ッ」です。「タラーット」と発音するつもりで(ッ)まで声に出したら最後の(ト)を消します。日本語の「ちょっと待って」を「ちょっ(と)待っ(て)」というふうに、「と」と「て」を消す感じですね。

 これでだいぶタイ人の発音に近づきました。か行の「ク」やパ行の「プ」といった語尾も同じように、促音の「ッ」で止めてみましょう。

日本語を話すタイ語のピム(ピムスィリ・アンカシット)先生

 ソンクラー県ハジャイ出身。パッターニー県のソンクラー・ナカリン大学で4年間、神戸の日本語学校で2年間、それぞれ日本語を勉強。タイ語教師として4年。

ネクサス MEIRIN プロムジャイランゲージスクール

住所:BIO House #3B, 55 Phrompong, Sukhumvit Soi 39, Wattana, Bangkok 10110
電話:0-2262-0768
ファクス:0-2262-0769
Eメール:matsuda@meirinkan.com
ウェブサイト:http://www.meirinkan.com/
《newsclip》


新着PR情報