RSS

パナソニックと双日、ジャカルタ郊外で分譲住宅

2018年9月19日(水) 22時04分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、パナソニック
 の画像
 
写真提供、パナソニック
【インドネシア】パナソニックと双日がインドネシアに設立した合弁会社パナホームデルタマスインドネシアはジャカルタ東郊ブカシ県のデルタマス・シティ(住宅、商業施設、工業団地の総合都市)で分譲住宅プロジェクト「サバサ」を推進する。

 10月から第1期分の約13ヘクタール、811戸の販売を開始する。9月15日に現地で記念式典を開き、新設のマーケティングギャラリーや2棟のモデルハウスを披露した。2030年までに最大で約2500戸、人口約1万人規模の街を開発する計画。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】九州旅客鉄道(JR九州)は27日、9月をめどに、フージャースホールディングス(東京都千代田区)、タイの不動産デベロッパー、オール・インスパイア・デベロップメントとタイに合弁会社を設立し、バンコク...

東京建物、ジャカルタで分譲マンション・オフィス開発newsclip

【インドネシア】東京建物(東京都中央区)はジャカルタで2件の不動産開発事業に参画する。東京建物の東南アジア進出はシンガポール、ミャンマー、タイに続く4カ国目。

積水化学、タイで分譲住宅 8500万円からnewsclip

【タイ】積水化学工業は同社が49%、タイの大手不動産デベロッパー、プロパティー・パーフェクト(PF)が51%出資するタイの合弁会社PFセキスイJVを通じ、バンコク郊外の4カ所で計74区画の分譲住宅を開発する。

阪神阪急不動産、バンコク南郊で分譲マンション開発newsclip

【タイ】阪急阪神不動産(大阪市北区)はタイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメントと共同で、バンコク南郊のサムットプラカン県バンプリ郡で分譲マンションを開発する。

日本人被害者500人? アユタヤの分譲マンションで45億円規模の投資詐欺の疑い 刑事告訴でタイ警察が捜査newsclip

【タイ】分譲マンションへの投資で詐欺に遭ったとしてタイ国内外の日本人が刑事告訴、タイ警察が捜査に乗り出した。

特集