RSS

8月の訪日外国人4.1%増 地震、豪雨で伸び率鈍化

2018年9月19日(水) 22時05分(タイ時間)
【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、8月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比4.1%増の257万7800人だった。大阪府北部の地震、7月の豪雨などの影響で伸び率が鈍化した。1―8月は前年同期比12.6%増、2130万8900人。

 8月の訪日旅行者数は1位が中国で86万人(前年同月比4.9%増)、2位韓国59万3900人(同4.3%減)、3位台湾39万4500人(同4.4%増)、4位香港19万8100人(同0.7%増)、5位米国10万3100人(同12.1%増)、6位タイ4万7500人(同31.3%増)――。

 東南アジア諸国は▼シンガポール1万6300人(同6.3%増)▼マレーシア2万100人(同4.6%減)▼インドネシア1万7500人(同25.2%増)▼フィリピン2万4700人(同15.9%増)▼ベトナム3万4200人(同38.7%増)――。
《newsclip》

注目ニュース

ソフトバンクと滴滴、日本でタクシー配車サービスを展開 ターゲットは訪日中国人newsclip

ソフトバンクは、中国の配車サービス大手の滴滴出行と日本国内でタクシー配車サービスを提供すると発表した。中国の訪日外国人などにタクシー配車サービスを提供する。

埼玉・訪日観光客に麻しん患者、疑いある場合は医療機関受診をnewsclip

 埼玉県は平成30年5月2日、県内において、来日した観光客の麻しん(はしか)患者が報告されたことを発表。昨今の国内の一部地域や海外における流行状況を踏まえ、広く情報提供を行うもので、麻しんを疑う症状が...



新着PR情報