RSS

NEC、アジア大会で顔認証・行動検知システム提供

2018年9月23日(日) 21時43分(タイ時間)
【インドネシア】日本電気(NEC)は21日、インドネシアのジャカルタとパレンバンで8月18日―9月2日に開催された「第18回アジア競技大会」で、ICTセキュリティ分野の協賛企業として、顔認証システムや行動検知システムをはじめとしたICTシステムを提供したと発表した。

 メインスタジアムであるジャカルタのグロラブンカルノ・スタジアムに、顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用した顔認証システムや行動検知システムを提供。監視カメラの映像から、事前登録した不審者、立ち入り禁止場所への侵入、不審物の置き去りなど検知した。

 大会組織委員会の関係事務所と全競技会場の計130カ所を接続するネットワークシステム、ジャカルタの陸上競技場サブトラック、バスケットボール専用体育館、野球場などの監視カメラやネットワークシステム、電話交換機も提供した。
《newsclip》

注目ニュース

パタヤにAI監視カメラシステムnewsclip

【タイ】タイの警備会社ガッツグループは19日、タイ東部パタヤ市、タイ・デジタル経済振興庁(DEPA)と協力し、パタヤ市の目抜き通りであるパタヤウォーキングストリートにAI(人工知能)と監視カメラを組み合わ...

【タイ】日本電気(NEC)は14日、タイ電子取引開発機構(ETDA)から、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国向けのサイバーセキュリティ人材を育成する「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」(AJCCBC)の...

【シンガポール】日本電気(NEC)は1日、シンガポールの大手行、オーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC銀行)のホランド・ビレッジ支店に顔認証システムを提供したと発表した。

特集

IT



新着PR情報