RSS

マスターカードの世界渡航先ランキング 1位バンコク、8位東京

2018年9月27日(木) 23時49分(タイ時間)
【アジア】カード大手の米マスターカードがまとめた「2018年度世界渡航先ランキング」で、調査対象の162都市のなかで2017年に国外からの渡航者が最も多かったのはバンコクで2005万人、2位はロンドンで1983万人だった。

 以下▼3位パリ1744万人▼4位ドバイ1579万人▼5位シンガポール1391万人▼6位ニューヨーク1313万人▼7位クアラルンプール1258万人▼8位東京1193万人▼9位イスタンブール1070万人▼10位ソウル954万人▼11位アンタルヤ942万人▼12位プーケット929万人▼13位メッカ918万人▼14位香港903万人▼15位ミラノ881万人▼16位パルマ・デ・マヨルカ878万人▼17位バルセロナ869万人▼18位パタヤ867万人▼19位大阪842万人▼20位バリ830万人。

 平均滞在日数と1日あたりの平均消費額は▼バンコク4.7泊、173ドル▼ロンドン5.8泊、153ドル▼パリ2.5泊、301ドル▼ドバイ3.5泊、537ドル▼シンガポール4.3泊、286ドル▼ニューヨーク8.3泊、147ドル▼クアラルンプール5.5泊、124ドル▼東京6.5泊、154ドル▼イスタンブール5.8泊、108ドル▼ソウル4.2泊、181ドル――。

 中国人観光客の割合は▼バンコク34.3%▼シンガポール18.4%▼クアラルンプール16.8%▼東京19.8%▼ソウル31.1%▼プーケット28.8%▼パタヤ31.3%▼バリ24.3%――。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ観光スポーツ省によると、8月にタイに入国した外国人(速報値)は前年同月比3%増の322万8595人だった。最大の市場である中国人が11.8%減、86万7461人と落ち込み、増加率にブレーキがかかった。

【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、8月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比4.1%増の257万7800人だった。大阪府北部の地震、7月の豪雨などの影響で伸び率が鈍化した。1―8月は前年同期比12.6%増...