RSS

熊本県のメガソーラー開所式、タイ企業が出資

2018年9月28日(金) 13時34分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、スームサーン・パワー・コーポレーション
【日本】太陽光発電事業を手がけるタイ企業スームサーン・パワー・コーポレーションは28日、同社が熊本県益城町で開発運営する大規模太陽光発電所(メガソーラー)の開所式を行ったと発表した。

 出力8メガワットで、8月1日に商業運転を開始、九州電力に売電する。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】シャープの子会社で太陽光発電システムなどを手がけるシャープエネルギーソリューションはベトナム南部のビントゥアン省とロンアン省で大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する。

【ベトナム】タイの電力会社Bグリムパワーはベトナムの合弁会社を通じ、同国南部フーイエン省で出力257メガワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を開発する。

シャープ、インドネシアの複合競技施設にメガソーラーnewsclip

【インドネシア】シャープエネルギーソリューション(大阪府八尾市)などがインドネシアの南スマトラ州パレンバン市の複合競技施設「ジャカバリン・スポーツシティ」内に建設した大規模太陽光発電所(メガソーラ...

タイの太陽光発電会社、宮城県のメガソーラー計画中止newsclip

【タイ】タイの太陽光発電事業会社タイ・ソーラー・エナジー(TSE)は26日、宮城県鬼首に建設を予定していた大規模太陽光発電所(メガソーラー)計画を中止すると発表した。

【日本】タイの鋼ビレットメーカー、チャオ・スチール・インダストリーは10日、福島県いわき市に建設した出力26.7メガワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)が商業運転を開始したと発表した。東北電力に売...

特集



新着PR情報