RSS

タイ77景(3) ピッサヌローク県 Phitsanulok タイ北部

2018年9月28日(金) 15時53分(タイ時間)
タイ77景(3) ピッサヌローク県 Phitsanulok タイ北部の画像
タイ77景(3) ピッサヌローク県 Phitsanulok タイ北部
 タイ北部の玄関口とされるピッサヌローク。スコータイ王朝(1238~1448年)時の1357年、西のビルマからの脅威を受け、スコータイからピッサヌロークに遷都された。後のアユタヤ王朝(1350~1767年)では、ビルマを迎え撃つ北の要衝として栄えた。

 市内に建つ寺院「ワット・プラシー・ラッタナ・マハータート(通称ワット・ヤイ、大きな寺という意味)」の本尊は、スコータイの第6代王リタイ王の命によって造られた、タイで最も美しいとされる「チナラート仏」。現ラッタナーコーシン王朝を築いたラマ1世がバンコクへの請来(しょうらい)を試みたが、地元の人々の悲しみを案じて思い留まったという逸話が伝えられる。後にバンコクでは、日本人旅行者も多く参拝するワット・ベーンチャマボピット(大理石寺院)の本尊に代表されるように、チナラート仏を模した仏像が造られた。


人口:86万5,000人(2017年、内務省地方自治振興局)
面積:1万800平方キロメートル
距離:バンコクから377キロ(タイ道路協会)
《newsclip》


新着PR情報