RSS

タイ軍最強ポスト、陸軍司令官にアピラット大将

2018年10月2日(火) 21時00分(タイ時間)
アピラット陸軍司令官の画像
アピラット陸軍司令官
写真提供、タイ陸軍PRセンター
アピラット陸軍司令官の画像
アピラット陸軍司令官
写真提供、タイ陸軍PRセンター
【タイ】チャルームチャイ・タイ陸軍司令官が9月末で定年退官し、後任にアピラット・コンソムポン陸軍大将(58)が就任した。10月1日付。

 陸軍司令官はタイ軍の最強ポストで、政権安定のカギを握る。タクシン政権を倒した2006年のクーデターとインラク政権を倒した2014年のクーデターはいずれも当時の陸軍司令官が引き起こした。

 アピラット司令官はチャーチャーイ政権を倒した1991年の軍事クーデターの首謀者の1人である故スントン・コンソムポン元タイ軍最高司令官の長男。タイ軍士官学校31期卒で、2016年からタイ陸軍第1管区司令官を務めた。プラユット首相(元陸軍司令官)、プラウィット副首相兼国防相(元陸軍司令官)に近いとされる。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍政派新党始動、党首に工業相 現職4閣僚が参加newsclip

【タイ】タイ軍事政権派の新党、パランプラチャーラット党は9月29日、初の党大会を開き、軍政の経済政策の司令塔であるソムキッド副首相の側近であるウタマ工業相(元バンコク大学学長)を党首に選出した。

【タイ】タイ国立開発行政研究院(NIDA)が17、18日に18歳以上のタイ人を対象に実施した世論調査(回答者1251人)で、政党支持率1位は軍事政権と対立するタクシン元首相派の「プアタイ党」で28.9%(7月調査31.2...

【タイ】2006年9月19日の軍事クーデターで失脚し事実上の国外亡命生活を送っているタクシン元首相(69)は18日、自身のフェイスブックで軍事政権と軍政を支える反タクシン派を批判した。

タイ軍政がまた地方閣議、事実上の選挙活動かnewsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相と主要閣僚は17、18日に東北部ルーイ県と北部ペチャブン県を視察し、18日にペチャブンで閣議を開いた。

【タイ】タイ軍事政権による政党活動の禁止命令が14日、一部解除された。

【タイ】2019年の実施が予想される民政移管のためのタイ議会下院(定数500)総選挙を前に、同国の2大政党のひとつである民主党が軍事政権との関係をめぐり揺れている。

特集



新着PR情報