RSS

配車アプリに客奪われた チェンマイ空港でトゥクトゥク運転手暴行

2018年10月4日(木) 00時40分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
【タイ】1日、タイ北部チェンマイ市のチェンマイ空港で、配車アプリのグラブを使い自家用車で送迎サービスを行っていた男性がトゥクトゥク(オート3輪タクシー)とタクシーの運転手数人に「客を奪った」として取り囲まれ、このうちの1人に暴力を振るわれる騒ぎがあった。

 トゥクトゥク運転手らは米国人男女が乗り込んだ乗用車を取り囲み、車体をけるなどした。身の危険を感じた米国人男女は車外に出た。運転手らはその後、運転席の男性を引きずり出してけり、棍棒をかざして脅すなどした。

 トラブルの様子を撮影した動画がSNS(インターネットの交流サイト)に投稿されたことから、地元警察がトゥクトゥク運転手の男1人(37)を逮捕した。男は公共交通機関の運転免許を持っておらず、2016年にも暴行騒ぎを起こし逮捕されていた。

 タイでは配車アプリを使い自家用車で送迎サービスを行うことが禁じられているが、運転やサービス、車体の状態などがタクシーに比べ良いことから、タイ人の間でも人気が高い。タクシーやトゥクトゥクの運転手は配車アプリによる自家用車のサービスが客を奪っているとして不満を強め、タイ各地で衝突騒ぎを起こしている。
《newsclip》

注目ニュース

トゥクトゥク、タクシーなど一斉取り締まり バンコク王宮前広場周辺で newsclip

【タイ】タイ警察は17日、バンコクの王宮前広場一帯で、タクシー、オート3輪(トゥクトゥク)タクシー、露天商らの一斉取り締まりを実施し、陸上交通法違反で68人、迷惑防止条例違反で19人を逮捕したと発表した。



新着PR情報