RSS

茶店銃撃で母子死亡 タイ深南部パタニー

2018年10月5日(金) 15時35分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、4日朝、タイ深南部パタニー県で、道路沿いの茶店が銃撃を受け、店にいた仏教徒住民の女性(46)と息子(19)が胸などを撃たれ死亡した。

 犯人は4人で、バイク2台で店に乗りつけ、後部座席にいた2人がバイクを降りて被害者2人に向け銃を発砲。犯行後、バイクに乗って逃走した。

 タイ治安当局は深南部のマレー系イスラム武装勢力の犯行とみて捜査している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ深南部(パタニー、ナラティワート、ヤラーの3県とソンクラー県の一部)でマレー系イスラム武装勢力によるとみられるテロが再び活発になってきた。

特集



新着PR情報