RSS

密猟容疑で郡助役ら逮捕 タイ西部の国立公園

2018年10月8日(月) 20時04分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局
 の画像
 
写真提供、タイ天然資源環境省国立公園野生動植物局
カンジャナブリ県のジラキヤット知事の画像
カンジャナブリ県のジラキヤット知事
写真提供、カンジャナブリ県庁
【タイ】タイ当局は7日、西部カンジャナブリ県のサイヨーク国立公園で、公務員を含む11人を密猟、銃器不法所持などの疑いで逮捕し、ライフル1丁、拳銃2丁、銃弾、ジャコウネコ科の動物ビントロングの体の一部、自動車6台などを押収した。

 逮捕したのはカンジャナブリ県ダーンマカムティヤ郡助役のワチャラチャイ容疑者(41)ら。ワチャラチャイ容疑者は、ビントロングの体の一部は同行者が購入したものだと主張し、犯行を否認している。

 カンジャナブリ県のジラキヤット知事は8日、ワチャラチャイ容疑者を停職処分とした。

 カンジャナブリ県では今年2月、タイのゼネコン(総合建設会社)最大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)のプレームチャイ社長が密猟の疑いで逮捕され、大きな話題を呼んだ。プレームチャイ社長は密猟などで起訴されたが、裁判で犯行を否認している。
《newsclip》

注目ニュース

タイ・ゼネコン最大手社長、世界遺産の自然保護区で逮捕 密猟の疑いnewsclip

【タイ】タイのゼネコン(総合建設会社)最大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)のプレームチャイ・カンナスート社長が密猟の疑いでタイ西部カンジャナブリ県の山中で逮捕されたことが6日、明らかになった。



新着PR情報