RSS

GM中国販売は2.5%減の268万台、キャデラックは新記録 2018年1-9月

2018年10月9日(火) 19時42分(タイ時間)
キャデラックXT5の画像
キャデラックXT5
キャデラックCT6の画像
キャデラックCT6
 
キャデラックXTSの画像
キャデラックXTS
ビュイック・エクセルGTの画像
ビュイック・エクセルGT
シボレー・エクイノックスの画像
シボレー・エクイノックス
GM(General Motors)は10月8日、2018年1~9月の中国における新車販売の結果を発表した。総販売台数は268万0330台。前年同期比は2.5%減と後退している。

GMの中国合弁(乗用車)には、上海GMとSAIC‐GMウーリン(上海通用五菱汽車)の2社がある。

1~9月のブランド別実績では、キャデラックブランドが、新記録となる14万9811台を販売。前年同期比は20.1%増と伸びた。『SRX』後継車の『XT5』が販売を牽引。セダン系では、『XTS』や最上級サルーンの『CT6』が好調。8月に発売した小型SUVの『XT4』も、立ち上がりは良好という。

シボレーブランドは38万0502台。前年同期比は9.8%増と伸びた。『キャバリエ』がブランド最量販車に。SUVでは『エクイノックス』が販売の中心。

ビュイックブランドは、75万3556台にとどまり、前年同期比は9.9%のマイナス。セダンの『エクセルGT』がブランドの最量販車だった。この他、ウーリン(Wuling)ブランドは前年同期比4.5%減の76万4643台。低価格ブランドの宝駿(Baojun)は、前年同期比1.3%減の63万1818台だった。

2017年のGMの中国新車販売は、過去最高の404万0789台。前年比は3.2%増だった。
《森脇稔@レスポンス》

注目ニュース

シボレー、拡大するインドネシア市場へ2車種をフェイスリフト…インドネシアモーターショー2018newsclip

GMインドネシア(GMI)は、8月2日から12日まで開催されたインドネシア国際モーターショー(GIIAS)2018において、インドネシア国内で展開するシボレー・ブランドから、2つのフェイスリフトモデルを登場させた。

GMの中国販売、4.4%増の184万台超え 2018年上半期newsclip

GMは7月4日、2018年上半期(1~6月)の中国における新車販売の結果を公表した。総販売台数は184万4396台。前年同期比は4.4%増とプラスに転じた。

GMの新電動化戦略、電動車20車種を中国に投入へ…2023年までにnewsclip

GMは6月5日、世界環境デーに合わせて、中国における新たな電動化戦略を発表した。



新着PR情報