RSS

森永製菓、インドネシア合弁から撤退

2018年10月10日(水) 23時02分(タイ時間)
【インドネシア】森永製菓は10日、インドネシアの合弁会社で粉ジュース、菓子などを製造販売するモリナガ・キノ・インドネシアの所有株すべて(発行株式の51%)を合弁相手のインドネシア企業で食料品、化粧品などを製造販売するキノ・インドネシアに譲渡すると発表した。

 モリナガ・キノ・インドネシアは2013年設立。粉ジュースの市場が急速に縮小し、2014年に約72億円だった売上高が2017年には約36億円に半減した。
《newsclip》

注目ニュース

【フィリピン】カルビー(東京都千代田区)は26日、フィリピンの合弁会社でスナック菓子を製造販売するカルビーURCの所有株すべて(発行株式の50%)を現地合弁相手のユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション(...

スズキ、中国四輪市場から撤退へ 長安汽車との合弁解消newsclip

スズキは9月4日、中国・長安汽車との合弁事業を解消、長安鈴木のスズキ保有株式50%分を長安汽車に譲渡することで合意したと発表した。

【マレーシア】三越伊勢丹ホールディングスは8日、クアラルンプール(KL)で日本発ブランドを集めた商業施設「イセタン・ザ・ジャパン・ストア・クアラルンプール」を運営するマレーシアの合弁会社ICJデパートメ...

ウーバーが東南アジアから撤退へ、グラブが事業を買収newsclip

ライドシェア大手のグラブはウーバー・テクノロジーズの東南アジア事業を買収したと発表した。ウーバーは中国に続いて東南アジアからも撤退することになる。

【インドネシア】アサヒグループホールディングスは22日、インドネシアで清涼飲料水を製造販売する合弁会社2社の所有全株を現地の合弁相手に売却すると発表した。

特集



新着PR情報