RSS

タクシン元首相長男、資金洗浄で起訴

2018年10月10日(水) 23時02分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タクシン・チナワット元首相の長男のパントンテー・チナワット氏(38)が10日、資金洗浄(マネーロンダリング)取締法違反で起訴された。

 タクシン政権当時の2003年、2004年にタイの国営商業銀行、クルンタイ銀行(KTB)が債務不履行に陥っていた不動産デベロッパー、クリサダーマハーナコンの子会社に総額99億バーツの不正融資を行った事件で資金洗浄に関わった疑い。

 パントンテー氏は同日中に保釈保証金100万バーツを払い保釈されたが、許可なく出国することが禁じられた。

 KTBの不正融資事件ではタクシン元首相ら22人と5社が汚職、商業銀行法違反などで起訴され、タイ最高裁判所が2015年、被告19人に実刑判決を下した。KTBのウィロート元社長とスチャーイ元会長はそれぞれ禁錮18年の判決を受け服役中。タクシン元首相は中国滞在中の2008年に汚職で実刑判決を受けて以来、帰国しておらず、KTBの事件では判決が下っていない。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍政派新党始動、党首に工業相 現職4閣僚が参加newsclip

【タイ】タイ軍事政権派の新党、パランプラチャーラット党は9月29日、初の党大会を開き、軍政の経済政策の司令塔であるソムキッド副首相の側近であるウタマ工業相(元バンコク大学学長)を党首に選出した。

【タイ】タイ国立開発行政研究院(NIDA)が17、18日に18歳以上のタイ人を対象に実施した世論調査(回答者1251人)で、政党支持率1位は軍事政権と対立するタクシン元首相派の「プアタイ党」で28.9%(7月調査31.2...

【タイ】2006年9月19日の軍事クーデターで失脚し事実上の国外亡命生活を送っているタクシン元首相(69)は18日、自身のフェイスブックで軍事政権と軍政を支える反タクシン派を批判した。

特集



新着PR情報