RSS

カフェチェーン「コーヒークラブ」 ベトナム進出

2018年10月17日(水) 23時47分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、Minor International
【ベトナム】タイのホテル外食大手マイナー・インターナショナルは16日、カフェチェーン「コーヒークラブ」のベトナムでのマスターフランチャイズ契約を同国の外食会社ベトナム・インベストメント・グループと結んだと発表した。

 今後5年でベトナムで100店舗の展開を目指す。

 「コーヒークラブ」は1989年にオーストラリアで創業。2007年にマイナーが資本参加した。現在、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、インドネシアなど7カ国で400店以上を展開している。

 マイナーは現在、ベトナムでアイスクリーム店「スウェンセンズ」、ピザ店「ピザ・カンパニー」、タイ料理店「タイ・エクスプレス」を計83店、ホテル4軒を運営。このうち「スウェンセンズ」と「ピザ・カンパニー」はベトナム・インベストメント・グループがマスターフランチャイズ権を持ち運営している。

 マイナーはタイ、中国など26カ国で「アナンタラ」、「アバニ」などのブランドのホテル164軒、タイなど27カ国で外食店約2100店を展開。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのホテル外食大手マイナー・インターナショナルは6日、同社が9.5%出資するスペインのホテル会社NHホテル・グループの株式25.2%を6億1900万ユーロで追加取得すると発表した。

特集



新着PR情報