RSS

9月の訪日外国人、5年8カ月ぶりに前年割れ タイ人は10%増

2018年10月17日(水) 23時48分(タイ時間)
【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、9月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比5.3%減の215万9600人で、2013年1月以来5年8カ月ぶりに前年実績を下回った。

 台風21号による関西空港の閉鎖、北海道胆振東部地震による新千歳空港の閉鎖などで航空便の欠航や旅行のキャンセルが相次いだ。

 1―9月は前年同期比10.7%増、2346万8500人だった。

 9月の訪日旅行者数は1位が中国で65万2700万人(前年同月比3.8%減)、2位韓国47万9700人(同13.9%減)、3位台湾32万9100人(同5.4%減)、4位香港12万6200人(同23.8%減)、5位米国10万4600人(同4.4%増)、6位タイ5万4400人(同9.8%増)――。

 東南アジア諸国は▼シンガポール2万3400人(同6.3%増)▼マレーシア2万6700人(同0.8%増)▼インドネシア2万4400人(同10.7%増)▼フィリピン2万4800人(同10.4%増)▼ベトナム2万9300人(同15.4%増)――。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ観光スポーツ省によると、8月にタイに入国した外国人(速報値)は前年同月比3%増の322万8595人だった。最大の市場である中国人が11.8%減、86万7461人と落ち込み、増加率にブレーキがかかった。

特集



新着PR情報