RSS

WEFの世界競争力ランキング 日本5位、タイ38位

2018年10月17日(水) 23時48分(タイ時間)
【アジア】スイスに本拠を置く研究機関、世界経済フォーラム(WEF)が各国・地域の競争力を評価した「国際競争力レポート」の2018年版で、タイは140カ国・地域中38位だった。

 「金融システム」が14位、「市場規模」が18位だった一方、「製品市場」が92位、「ICTの導入」が64位だった。

 競争力の総合1位は米国、2位シンガポール、3位ドイツ、4位スイス、5位日本、6位オランダ、7位香港、8位英国、9位スウェーデン、10位デンマーク。

 アジア諸国・地域は13位台湾、15位韓国、25位マレーシア、28位中国、45位インドネシア、56位フィリピン、58位インド、77位ベトナム、110位カンボジア、112位ラオス――など。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】カード大手の米マスターカードがまとめた「2018年度世界渡航先ランキング」で、調査対象の162都市のなかで2017年に国外からの渡航者が最も多かったのはバンコクで2005万人、2位はロンドンで1983万人だ...

【アジア】キリンがまとめた2017年の世界のビール生産量は前年比0.1%減の約1億9089.7万キロリットル(東京ドーム約154杯分)で、4年連続で前年を下回った。

【アジア】オーストラリアを拠点とするシンクタンク、経済平和研究所が国内の治安、軍事費、近隣国との関係などから各国・地域の平和度を指数化した2018年版の「世界平和度指数(GPI)」で、タイは調査対象の163...

【アジア】組織・人事コンサルティング大手の米マーサーがまとめた2018年版の「世界生計費調査・都市ランキング」で、外国駐在員にとって最も物価の高い都市は香港だった。

【タイ】米不動産仲介大手CBREがまとめた2018年第1四半期の世界の主要都市中心部のオフィス賃料調査で、バンコクの高級物件の平均賃料(1平方メートルあたり月額)は1186バーツで、調査対象の120都市中92位だった。

特集



新着PR情報