RSS

人気ドリンク剤「M-150」のオーソトサパー、タイ証取上場

2018年10月17日(水) 23時48分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、SET
【タイ】人気ドリンク剤「M-150」などを製造販売するタイ飲料大手オーソトサパーが17日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

 銘柄コードは「OSP」。公開価格25バーツ、初日終値27.25バーツだった。

 新規株式公開(IPO)で調達した約123億バーツはミャンマーでの飲料工場建設、借入金の返済などにあてる。

 1891年、バンコクで漢方薬局として開業。1965年、ドリンク剤「リポビタンD」の製造販売に関するライセンス契約を大正製薬と結んだ。1985年に「M-150」を発売。その後、ホウス食品、カルピスなどと合弁会社を設立した。

 2017年の売上高258.8億バーツ、最終利益28.3億バーツ。従業員約3700人。
《newsclip》

注目ニュース

タイのイチタン、ドリンク剤市場に参入newsclip

【タイ】タイの飲料メーカー、イチタン・グループは23日、同社初のドリンク剤「T247」を発売すると発表した。

【タイ】昭和電工は30日、アルミニウム缶の製造販売を手がける合弁会社をタイに設立すると発表した。

アサヒ、ミャンマー市場向けドリンク剤投入newsclip

【ミャンマー】アサヒグループホールディングスは3月下旬から、ミャンマーではちみつ味のドリンク剤「ハニーゴールド」(缶250ミリリットル)を販売する。1本約40円で、販売目標は456万本。

タイ飲料メーカー、カンボジアでドリンク剤販売newsclip

【カンボジア】タイの飲料メーカー、TACコンスマーは自社開発のドリンク剤「ジャンプスタート」をカンボジア市場に投入する。245ミリリットル缶で、ミックスフルーツ味とザクロ味の2種類。5日から販売を...

タイの人気ドリンク剤、日本で販売newsclip

【日本】5日、タイの人気ドリンク剤「M―150(タイ語で「エムロイハーシップ」)」の日本での販売が始まった。希望小売価格120円。バシル(東京都渋谷区)が輸入販売する。

ドリンク剤のカラバオ、タイ証取上場 大御所ミュージシャンらが創業newsclip

【タイ】タイの大御所ミュージシャンであるエド・カラバオ(本名、ユーンヨン・オーパークン)氏らが出資するドリンク剤メーカー、カラバオ・グループが21日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

特集



新着PR情報