RSS

タイで「不良外国人」490人検挙、日本人も

2018年10月19日(金) 12時42分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ警察入国管理局
 の画像
 
写真提供、タイ警察入国管理局
 の画像
 
写真提供、タイ警察入国管理局
【タイ】タイ警察は「エックスレイ・アウトロー・フォリナー作戦」と銘打った「不良外国人」一斉取り締まりの第23弾として、18日から19日未明にかけ、バンコク都内のシーロム・スラウォン地区など国内の265カ所で手入れを実施し、不法滞在などで外国人490人を検挙した。

 逮捕者の内訳は不法滞在がインド人31人、ミャンマー人23人、フランス人4人、ドイツ人、ロシア人、米国人各2人など104人、不法入国がミャンマー人107人、カンボジア人66人など247人。このほかに、罪状は明らかにしていないが、米国人6人、ドイツ人2人、日本人、韓国人、シンガポール人、中国人各1人など139人を検挙した。
《newsclip》

注目ニュース

タイ当局、外国人不法就労者の取り締まり強化newsclip

【タイ】タイ当局が外国人の不法就労者、不法滞在者の取り締まりを連日のように実施している。

【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、9月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比5.3%減の215万9600人で、2013年1月以来5年8カ月ぶりに前年実績を下回った。

特集



新着PR情報