RSS

タイの「新幹線」計画とん挫か 採算性なし

2018年10月28日(日) 17時34分(タイ時間)
日本を訪れたアーコム運輸相の画像
日本を訪れたアーコム運輸相
写真提供、タイ運輸省
日本を訪れたアーコム運輸相の画像
日本を訪れたアーコム運輸相
写真提供、タイ運輸省
日本を訪れたアーコム運輸相の画像
日本を訪れたアーコム運輸相
写真提供、タイ運輸省
【タイ】タイと日本の両国政府が検討してきたバンコクとタイ北部チェンマイ県チェンマイ市を結ぶ「新幹線」計画がとん挫する雲行きだ。

 新幹線の技術を導入し、全長約670キロの高速鉄道を建設運営する計画だったが、日本側が実施した事業化調査で採算性が極めて低いことが判明した。タイの民間テレビ局ワークポイントなどがタイ運輸省筋の情報として報じたところによると、数千億バーツに上る建設費や開業後の慢性赤字による巨額の費用負担を恐れたタイ政府が日本政府に共同投資を提案したが、日本側は事業はタイの国家資産だとして拒否した。日本政府は今月19、20日にタイのアーコム運輸相が訪日した際にも共同投資に応じない方針を伝え、計画の具体的な進展はなかったという。

 バンコク―チェンマイ間のほとんどは広大な平野に農地、疎林、荒れ地が点在し、大都市は存在しない。沿線の最大の都市はチェンマイ市だが、人口は2013年で13.6万人に過ぎない。また、タイ北部は農業が中心で、世帯平均収入(2017年)は月1万9843バーツ(約6.7万円)とバンコク首都圏(4万1335バーツ)の半分程度にとどまっている。

 バンコク―チェンマイ間では格安航空を中心に空の便が1日20往復以上運航し、運賃は片道1000バーツ程度から。長距離バスも多数運行している。

 巨額の費用を投じて両都市間に高速鉄道を建設しても、人口や経済力の点から乗客数は期待できず、運賃の面でも格安航空との競争が避けられない。あとに残るのは膨れ上がる巨額の債務だけという懸念は強い。

 安全面の不安もある。タイ全土で鉄道を運営するタイ国鉄(SRT)は設備の老朽化で脱線事故が絶えない。バンコク首都圏の高架電車BTSも近年は故障が相次いでいる。鉄道の運行管理、保守整備の能力が不足した状態で高速鉄道を導入すれば、重大な事故を招きかねず、その場合、日本に対するタイの国民感情にも悪影響が出る恐れがある。

 タイ政府は中国政府と共同で、ラオス国境のタイ東北部ノンカイ市とバンコクを結ぶ高速鉄道建設にも乗り出しているが、こちらも先行きは不透明だ。タイ側は中国の技術を導入する見返りに、中国政府に共同投資を持ちかけたが、中国がこれを拒否。数年にわたる交渉の末、路線の一部、バンコク―ナコンラチャシマ間(全長253キロ)をタイ側の全額負担で建設することで決着し、昨年12月に最初の3.5キロの区間の起工式が行われた。しかし、残る区間については両国間の調整が進まず、完工のめどは立っていない。
《newsclip》

特集



新着PR情報