RSS

タクシン派政党、解党恐れエース級温存

2018年10月29日(月) 23時09分(タイ時間)
スダーラット氏の画像
スダーラット氏
写真提供、プアタイ党
チャチャート氏の画像
チャチャート氏
写真提供、プアタイ党
ジャトゥロン氏の画像
ジャトゥロン氏
写真提供、プアタイ党
プアタイ党の党大会の画像
プアタイ党の党大会
写真提供、プアタイ党
プアタイ党の党大会の画像
プアタイ党の党大会
写真提供、プアタイ党
プアタイ党の党大会の画像
プアタイ党の党大会
写真提供、プアタイ党
【タイ】タクシン元首相派の有力政党、プアタイ党は28日に開催した党大会で、ウィロート・パオイン党首代行(退役警察中将、84)を党首に選出した。

 同党の首相候補の1人とみられる有力女性政治家のスダーラット・ケユラパン氏(57)は党役員に選ばれず、選挙候補者選定委員会委員と選挙対策委員会委員長に就いた。

 プアタイ党は事実上国外亡命中のタクシン元首相の影響下にあるという理由で解党処分を受ける可能性がある。解党された場合、党役員は参政権を失うため、スダーラット氏らエース級の人材は党役員から外れたとみられる。こうした見方を裏付けるように、スダーラット氏は党役員選出後の記念撮影で、ウィロート党首と並んで中央に立った。

 党大会会場でスダーラット氏の隣に座ったのは気さくな態度で人気が高いチャチャート・シティパン元運輸相(52)、その隣には軍事政権批判の急先鋒であるジャトゥロン・チャイセーン元副首相(62)が座った。2人はいずれも党役員に選ばれていない。

 タクシン派の政党は過去に2回、裁判所により解党処分を受けている。

 初代のタイラックタイ党はタクシン政権(2001―2006年)の全盛期だった2005年2月の議会下院総選挙で1889万票を獲得、721万票だったライバルの民主党を圧倒し、議席の75%を抑えた。しかし、2006年の軍事クーデターで反タクシン派が政権を奪取すると、翌年、解党処分を受けた。

 2代目のパランプラチャーチョン党は軍政が2007年12月に実施した民政移管のための下院選で逆風の中1234万票を獲得、1215万票だった民主党を僅差で破り、政権に復帰した。しかし、2008年に反タクシン派デモ隊がバンコクの首相府、スワンナプーム空港などを占拠。軍が治安維持のための出動を事実上拒否する中、最高裁判所が選挙違反でパランプラチャーチョン党の解党を命じ、政権が崩壊した。

 その後、民主党を中心とする連立政権が発足したが、2010年には今度はタクシン派デモ隊がバンコク都心を占拠。軍が出動して強制鎮圧し、90人以上が死亡、約2000人が負傷し、都心のショッピングセンターが焼け落ちるなどした。

 事件から1年後の2011年7月の下院選では3代目のプアタイ党が1575万票を獲得、1144万票の民主党を下し、再び政権に復帰した。タクシン元首相の妹のインラク氏が首相に就いたが、2013年10月から民主党が主導する大規模な反政府デモが発生。デモ隊がバンコクの主要交差点を長期占拠するなど混乱が続く中、2014年5月、軍事クーデターが起き、反タクシン派の軍政が発足した。汚職裁判で有罪判決を受ける見通しとなったインラク前首相は2017年、判決直前に国外に逃亡した。 

 タクシン派政党は2001年以来、4度の下院総選挙でいずれも第1党になった。しかし、軍政が2019年前半に実施するとしている次期下院(定数500)選では、圧倒的勝利を収めない限り、政権復帰は困難な情勢だ。軍政が2017年に施行した新憲法では、事実上軍政が議員を選任する議会上院(定数250)も首相指名選挙に参加する。このため、軍政は下院で130―140議席の支持を得れば政権を維持できる。事実上の軍政が続くことを阻止するには、プアタイ党と民主党が手を組む以外に方法はないとみられるが、両党は犬猿の仲の上、民主党の支持層は軍政と重なる部分が多く、同党内には軍政への協力を支持する声も強い。

 タクシン派政党は地方や低所得者層受けを狙ったばらまき政策で知られ、東北部と北部の住民、バンコクの中低所得者層の支持が厚い。一方の反タクシン派は伝統的な階級・民族秩序を重視し、特権階級、南部住民とバンコクの中間層から支持を受ける。数が多いタクシン派が選挙で勝ち続ける一方、反タクシン派は軍と司法、デモを駆使してタクシン派政権をひっくり返し、事態が収拾するめどは立っていない。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍政派新党始動、党首に工業相 現職4閣僚が参加newsclip

【タイ】タイ軍事政権派の新党、パランプラチャーラット党は9月29日、初の党大会を開き、軍政の経済政策の司令塔であるソムキッド副首相の側近であるウタマ工業相(元バンコク大学学長)を党首に選出した。

【タイ】タイ国立開発行政研究院(NIDA)が17、18日に18歳以上のタイ人を対象に実施した世論調査(回答者1251人)で、政党支持率1位は軍事政権と対立するタクシン元首相派の「プアタイ党」で28.9%(7月調査31.2...

【タイ】2006年9月19日の軍事クーデターで失脚し事実上の国外亡命生活を送っているタクシン元首相(69)は18日、自身のフェイスブックで軍事政権と軍政を支える反タクシン派を批判した。

タイ軍政がまた地方閣議、事実上の選挙活動かnewsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相と主要閣僚は17、18日に東北部ルーイ県と北部ペチャブン県を視察し、18日にペチャブンで閣議を開いた。

【タイ】タイ軍事政権による政党活動の禁止命令が14日、一部解除された。

【タイ】2019年の実施が予想される民政移管のためのタイ議会下院(定数500)総選挙を前に、同国の2大政党のひとつである民主党が軍事政権との関係をめぐり揺れている。

特集



新着PR情報