RSS

投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」【記事広告】

2018年10月30日(火) 12時17分(タイ時間)
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」の画像
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」の画像
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」の画像
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」の画像
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」の画像
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」の画像
投資を成功に導くために知っておきたい、「タイ国内3カ所の工業団地」
 タイへの投資を計画している投資家であっても、より的確なビジョンを描くために蓄えておきたい知識、というものがあります。そのひとつが、タイ工業団地公社(IEAT)が運営する工業団地についてです。特徴ある3カ所の工業団地をご紹介いたします。

 1カ所目はタイ南部ソンクラー県の「Rubber City」を構える「タイ南部工業団地」です。タイ政府主導のクラスター産業育成政策に沿って立ち上げられたプロジェクトで、ここでは文字通り天然ゴム事業をクラスターとし、IEATはその拠点構築で活躍。タイの天然ゴム業界はこれまで価格低迷に悩まされてきましたが、IEATは自らが運営する南部工業団地内にRubber Cityを誘致することにより、タイ産天然ゴムの付加価値を向上させることによって天然ゴム農家への負担を軽減させ、結果的に国家経済の持続的な発展に貢献しました。

 次いでタイ北部地方のゲートウェーとされるピジット県の「ピジット工業団地」です。ここはまさに、東西南北の経済回廊が交差する、「インドシナへの扉」となる重要拠点。肥沃な土地を有し、農業、木材加工、宝飾品加工などの産業に適した地域です。入居企業のオペレーションを最大限にサポート。発電設備2基、廃水処理システムも完備。中小企業の事業展開にも適しています。

 ピジットでも、工業団地の存在が地域発展を促した注目すべき実例があります。当地の「Industrial Promotion Center Region 3」による、現地企業や労働市場のニーズに応えるために立ち上げられた地元学生の職業訓練や技術習得を目的とした事業「NEC(New Entrepreneurs Creation)」が、ただ単に工業団地に利益をもたらすだけでなく、人材育成が同地域の発展に大いに寄与することを実証しました。

 そして3カ所目は、東部サケーオ県の「サケーオ工業団地」。カンボジア国境に接する国境経済特区(SEZ)に位置する工業団地です。近隣諸国と密接に関係する地域に、「開発」のために開発された一大プロジェクト。地域住民の生活向上と安定も実現します。

 サケーオはインドシナへの玄関口、国境を越えればカンボジア。タイ東部の輸出入港であるレムチャバン港から南部経済回廊に沿ってカンボジア国境のサケーオ県ローンクルア市場、そしてカンボジアの同国のポイペト経済特区 (POSEZ)への経済動脈が走ります。タイ国内のみならず近隣諸国への投資誘致、そしてASEAN地域の経済発展を見込む、タイ政府による政策の舞台となる重要地域です。

タイ工業団地公社(IEAT)連絡先(いずれも英語)
電話:+66-2253-0561
コールセンター:+66-2207-2700
ファクス:+66-2252-6582, +66-2253-4086
Eメール:investment.1@ieat.mail.go.th
《newsclip》


新着PR情報