RSS

JDパワーの自動車初期品質調査、マレーシアでトヨタなど1位

2018年11月4日(日) 22時41分(タイ時間)
【マレーシア】米調査会社JDパワーがまとめた2018年のマレーシア自動車初期品質調査(IQS)で、トヨタ、ホンダ、いすゞがセグメント別で首位になった。

 調査は2018年3―9月に実施。2017年9月―2018年7月にマレーシアで新車を購入した2766人に購入後2―6カ月の不具合状況を聞き、100台当たりの不具合指摘件数(PP)として算出した。数値が小さいほど不具合指摘が少なく、品質が良いことを示す。調査対象は13ブランドの乗用車、ピックアップトラック、スポーツ用多目的車(SUV)、計55モデル。

 セグメント別の上位3モデルはエントリーミッドサイズカー部門(平均108PP)が▼トヨタ・ヴィオス(77PP)▼ホンダ・シティ(109PP)▼プロトン・ペルソナ(113PP)――。

 SUV部門(平均75PP)が▼ホンダCR-V(48PP)▼マツダCX-5(69PP)▼ホンダHR-V(97PP)――。

 ピックアップトラック部門(平均71PP)が▼いすゞD-マックス(44PP)▼フォード・レンジャー(47PP)▼トヨタ・ハイラックス(87PP)――。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】米調査会社JDパワーがタイで新車(量販ブランド)を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2018年タイ自動車セールス満足度(SSI)調査」で、トヨタが1000点満点中860点で1位になった。

【マレーシア】米調査会社JDパワーがマレーシアで新車(量販ブランド)を購入した際の販売店の対応に関する顧客満足度を分析した「2018年マレーシア自動車セールス満足度(SSI)調査」で、日産が1000点満点中812...

オートバックス、中国市場向け越境ECサイトに出店newsclip

オートバックスセブンは10月11日、中国EC事業大手の京東集団が運営する中国市場向け越境ECサイト「京東全球購(JD Worldwide)」に出店した。

【タイ】米市場調査大手JDパワーがタイの自動車(量販ブランド)正規販売店のアフターサービス(整備、修理など)を調査した「2018年タイ自動車サービス満足度(CSI)」調査で、いすゞが1000点満点中847点で首位...

【インドネシア】米調査会社JDパワーがまとめた2017年のインドネシアの自動車初期品質調査(IQS)で、ダイハツ、ホンダ、三菱自動車、スズキが各部門の1位になった。



新着PR情報