RSS

ビジネスのしやすさ タイ27位、日本39位 世銀調査

2018年11月4日(日) 22時42分(タイ時間)
【アジア】世界銀行グループが各国・地域のビジネスのしやすさを事業規制、制度などから評価した年次報告「ビジネス環境の現状」の2019年版で、タイは190カ国・地域中27位(2018年版26位)だった。

 ランキング1位はニュージーランド、2位シンガポール、3位デンマーク、4位香港、5位韓国、6位ジョージア、7位ノルウェー、8位米国、9位英国、10位マケドニア。

 その他の主要国、アジア諸国・地域は13位台湾、15位マレーシア、22位カナダ、24位ドイツ、31位ロシア、32位フランス、39位日本、46位中国、54位メキシコ、69位ベトナム、73位インドネシア、77位インド、124位フィリピン、138位カンボジア、154位ラオス、171位ミャンマー――など。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】スイスに本拠を置く研究機関、世界経済フォーラム(WEF)が各国・地域の競争力を評価した「国際競争力レポート」の2018年版で、タイは140カ国・地域中38位だった。

【アジア】カード大手の米マスターカードがまとめた「2018年度世界渡航先ランキング」で、調査対象の162都市のなかで2017年に国外からの渡航者が最も多かったのはバンコクで2005万人、2位はロンドンで1983万人だ...

【タイ】バンコク日本人商工会議所が5、6月に会員企業を対象に行った2018年上期の日系企業景気動向調査(回答企業557社)で、経営上の問題点(複数回答)は「他社との競争激化」が72%と最も多かった。

【タイ】バンコク日本人商工会議所が5、6月に会員企業を対象に行った2018年上期の日系企業景気動向調査(回答企業557社)で、タイ政府への要望事項(複数回答)は「関税や通関にかかわる制度や運用の改善」が48%...

特集



新着PR情報