RSS

タイ・ライオンエアー バンコクから成田、中部、関西へ

2018年11月4日(日) 22時42分(タイ時間)
【日本、タイ】日本の国土交通省は2日、インドネシアの格安航空ライオンエアーのタイ法人タイ・ライオンエアーの日本就航を認可したと発表した。

 タイ・ライオンエアーは12月7日からバンコク―成田線を週7往復、2019年1月16日からバンコク―中部線を週5往復(月水木金日)、3月2日からバンコク―関西線を週5往復(月火木土日)運航する。使用機材はエアバスA333型機(392席)。 

 タイ・ライオンエアーはA333とボーイング739型機を計33機保有し、タイの国内線14路線、国際線35路線で週600便以上を運航している。

 ライオンエアーでは10月29日、ジャカルタ発パンカルピナン行きのボーイング737MAX機がジャカルタ沖で墜落する事故があり、乗客181人、乗員8人全員が死亡した。
《newsclip》

注目ニュース

【インドネシア】29日朝、インドネシアの格安航空ライオン・エアのジャカルタ発パンカルピナン行きJT610便ボーイング737MAX機がジャカルタ沖で墜落した。同機には乗客181人と乗員が搭乗していた。

ボーイング737MAX9型機、タイ・ライオンエアに初号機納入newsclip

【タイ】米ボーイングの新型機、737MAX9型機の初号機が3月21日、インドネシアの格安航空ライオンエアのタイ法人タイ・ライオンエアに納入された。

特集



新着PR情報