RSS

パナソニック、中国・モバイク社とIoT電動アシスト自転車で協業検討開始

2018年11月7日(水) 22時38分(タイ時間)
モバイクジャパン(Webサイト)の画像
モバイクジャパン(Webサイト)
パナソニック サイクルテックと、中国の自転車シェアリングサービス会社「北京モバイク・テクノロジー(モバイク)」は11月7日、IoT電動アシスト自転車分野で協業の検討を開始すると発表した。

IoT電動アシスト自転車は通信機能を備え、スマートフォンによる電子錠の開錠や走行データ記録などが可能。さらにGPSによる高い防犯性・追尾性と駐輪位置管理を実現する。

北京モバイク・テクノロジーは、自転車シェアリングサービス「モバイク」を運営。中国の主要都市のほかシンガポール、イタリア、英国で事業を展開、日本法人も2017年8月に札幌市で事業を開始している。モバイクのシェアリング自転車は、利用者がQRコードをスキャンさせることで、解錠できる電子錠を備えている。

両社は今後、自転車シェアリングサービス、レンタルサービス利用者向け新技術の共同開発について、検討していく。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

注目ニュース

日中第三国市場協力フォーラムが北京で開催されたのに合わせて日中政府関係機関・企業・経済団体の間で、52件の協力覚書が締結された。

【マレーシア】東京ガスエンジニアリングソリューションズとマレーシアで空調機器を製造販売するパナソニックAPエアコンマレーシア(PAPAMY)はPAPAMYの工場に高効率な発電空調システムを導入し、17日に運用を開...

パナソニックと双日、ジャカルタ郊外で分譲住宅newsclip

【インドネシア】パナソニックと双日がインドネシアに設立した合弁会社パナホームデルタマスインドネシアはジャカルタ東郊ブカシ県のデルタマス・シティ(住宅、商業施設、工業団地の総合都市)で分譲住宅プロジ...

ホンダとパナソニック、着脱式可搬バッテリーと電動二輪車によるバッテリーシェアリングの実証研究をインドネシアで開始newsclip

ホンダとパナソニックは、着脱式可搬式バッテリー「ホンダ モバイルパワーパック」と電動二輪車を用いた、バッテリーシェアリングの実証研究をインドネシアで2018年12月(予定)に開始すると発表した。



新着PR情報