RSS

六甲バター、インドネシアでチーズの製造販売開始

2018年11月7日(水) 22時38分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、六甲バター
 の画像
 
写真提供、六甲バター
【インドネシア】六甲バターが49%、三菱商事が51%出資しインドネシアに設立した合弁会社エミナ・チーズ・インドネシアが7日、開業式を行い、インドネシアでチーズの製造販売を本格的に開始した。

 ジャワ島ブカシ県に建設した本社工場が今年1月に竣工。9月中旬からインドネシア国内の一部店舗でスティックタイプチーズ3品とブロックタイプチーズ3品の先行テスト販売を行った。

 工場は敷地面積約5500平方メートル、建物面積約3000平方メートルで、年産能力約2000トン。ハラル(イスラム法に則った商品、サービス)認証機関から認証を取得している。
《newsclip》

特集



新着PR情報