RSS

ハノイ郊外の第三タンロン工業団地、第一期造成完了

2018年11月8日(木) 23時21分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、住友商事
【ベトナム】住友商事は8日、ハノイ郊外で建設を進めている第三タンロン工業団地の第一期区画(104ヘクタール)の造成工事が完了したと発表した。

 第三タンロン工業団地は住友商事グループのベトナムにおける3つ目の工業団地。ハノイ中心部から44キロ、車で50分北上したビンフック省に立地し、開発面積は最大約213ヘクタール。2019年初めに第二期区画(第一期区画の南西に位置する109ヘクタールの区画)の開発を開始する予定。
《newsclip》

注目ニュース

WHA、タイ東部ラヨン県で工業団地開発newsclip

【タイ】タイの工業団地大手WHAコーポレーションとタイ国営石油化学メーカー、IRPCはタイ東部ラヨン県で工業団地を開発する。

【タイ】タイのWHAコーポレーションは14日、2015年に買収したタイ工業団地大手へマラート・ランド・アンド・デベロップメントの社名を「WHAインダストリアル・デベロップメント」に変更すると発表した。

【ベトナム】タイ工業団地大手アマタのベトナム事業会社アマタVNはベトナム北部クアンニン省で工業団地を開発する。



新着PR情報