RSS

タイ航空、7―9月期赤字37億バーツ 経営再建足踏み

2018年11月8日(木) 23時21分(タイ時間)
【タイ】タイ国際航空は7―9月期の最終赤字が37億バーツで、前年同期の18.3億バーツから倍増した。台風、地震による日本路線の不調、タイを訪れる中国人の減少、燃油価格の上昇などが影響した。

 売上高は2.2%増、479.5億バーツ。燃油コストが上昇する一方、その他の経費削減が進まず、営業収支は39.3億バーツの赤字だった。 

 旅客数は0.3%増の601万人。搭乗率は77.5%(前年同期78.2%)だった。

 1―9月期は売上高が4.8%増、1486.6億バーツ、最終損益が40.8億バーツの赤字。

 タイ航空は2013年120.5億バーツ、2014年156.1億バーツ、2015年130.7億バーツと多額の赤字を垂れ流し、経営再建に乗り出している。2016年は収支がほぼとんとん、2017年は21.1億バーツの赤字だった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国際航空で運航の大幅な遅延が相次いでいる。

【タイ】タイ国際航空の機長が、乗客として搭乗した同僚にファースクラスの座席を用意させるため、一般の乗客にビジネスクラスに移ることを強要し、しかも、この騒ぎで離陸が2時間以上遅れたことが明らかになった。

【タイ】タイ運輸省によると、バンコク郊外のスワンナプーム空港で8日夜、西滑走路に着陸した旅客機が滑走路を外れて停止した事故で、西滑走路が8日午後10時50分から翌9日午後5時まで閉鎖され、同空港に発着する4...

【タイ】タイ字紙カオソッド(電子版)によると、25日、バンコクのスワンナプーム空港を出発したタイ国際航空TG676便成田行きのA380型機が、翼の温度が上昇したという異常表示を受け、スワンナプーム空港に引き返...

【タイ】8月31日の札幌発バンコク行きタイ国際航空TG671便の乗客が機内にいたゴキブリの写真をインターネットの交流サイトに投稿したことについて、タイ航空は4日、ゴキブリがいたことを認め、謝罪した。

【タイ】タイ国際航空の社長にタイ国営不動産管理会社タナラック・アセット・デベロップメント前社長のスメート・ダムロンチャイタム氏が1日付で就任した。2017年2月に退任したジャラムポン前社長の後任。3日の取...

【タイ】今月11日、バンコク発のタイ国際航空TG660便ボーイング747-400型機が羽田空港に着陸する際、地上に接近しすぎて警報が作動したため、上昇して着陸をやり直すトラブルがあった。乗客、乗員384人にけが人は...

特集



新着PR情報