RSS

東京電力、ベトナムの水力発電所に出資

2018年11月12日(月) 00時00分(タイ時間)
【ベトナム】東京電力ホールディングスは9日、ベトナムの水力発電事業者ラオカイ・リニューアブル・エナジーが保有する同国北部ラオカイ省のコクサン水力発電所(合計出力2.97万キロワット)に出資参画すると発表した。

 ラオカイ・リニューアブル・エナジーに91.8%出資するシンガポール企業ベトハイドロの株式36.4%を取得した。東京電力が海外の水力発電事業への出資参画するのは初めて。

 コクサン水力発電所は2016年4月に営業運転を開始した。
《newsclip》

注目ニュース

【フィリピン】東京電力フュエル&パワー(東京都千代田区)と三菱日立パワーシステムズ(横浜市)は12日、フィリピンのティームエナジーが運営するパグビラオ火力発電所向けに遠隔監視サービスの提供を開始し...

【シンガポール】東京電力パワーグリッド(東京都千代田区)、中部電力(名古屋市東区)、ICMG(東京都千代田区)の3社は海外送配電事業や次世代インフラ事業ヘの投資、運営などを手がける合弁会社を7月中にシン...

【タイ】タイの電力会社エレクトリシティ・ジェネレーティング(EGCO)は3日、西部ラチャブリ県に建設した天然ガスコジェネレーション(熱電併給)プラント「バンポン発電所」が1日に運転を開始したと発表...

特集



新着PR情報