RSS

ホンダが二輪車の新工場を開所…年産10万台、市場急拡大のバングラデシュに

2018年11月12日(月) 12時11分(タイ時間)
ホンダのバングラデシュ法人、バングラデシュ・ホンダ・プライベート・リミテッドの新二輪車工場の画像
ホンダのバングラデシュ法人、バングラデシュ・ホンダ・プライベート・リミテッドの新二輪車工場
ホンダ(Honda)は11月11日、バングラデシュ法人のバングラデシュ・ホンダ・プライベート・リミテッドが現地に二輪車の新工場を開所した、と発表した。

新工場は、完成車組立能力が年間10万台の規模で操業を開始した。今後、順次生産能力を拡大し、2021年までに年産20万台に引き上げることを目指す。ホンダは新工場の建設にあたり、ムンシゴンジ県 アブドルモネム経済特区に、広さ10万平方mの土地を取得した。工場建設、土地購入などを含めた総投資額は、約23億タカ(約32億円)となる。操業開始時の同工場の従業員数は、およそ390名で、ホンダは事業拡大に伴い、さらなる増員を見込む。

バングラデシュ政府は、二輪車産業の活性化に向けて、現地調達の促進を図っている。2016年には、現地生産や部品調達を拡大させる企業に対して、輸入部品関税の引き下げを実施した。これにより、二輪車の販売価格が下がる傾向にあり、市場は急激に拡大している。

バングラデシュ・ホンダ・プライベート・リミテッドは、現地調達をボディーフレームとスイングアームから着手する。将来的に他の部品に拡大していく予定、としている。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報