RSS

タイ亜鉛鉱山のカドミウム汚染、2社の敗訴確定

2018年11月14日(水) 23時15分(タイ時間)
【タイ】北部ターク県メーソード郡の住民207人が亜鉛鉱山から排出されたカドミウムで健康被害を受けたとして損害賠償を求めた裁判で、最高裁判所は13日、二審の控訴裁判所の判決を支持し、被告の企業2社に対し、原告144人に計1109万バーツと金利を支払うよう命じた。

 敗訴したのはメーソード郡で亜鉛鉱山を運営していたパデン・インダストリーとターク・マイニング。鉱山周辺に住む住民が2009年に裁判を起こしていた。
《newsclip》

注目ニュース

タイの亜鉛商社パデン、福岡市のメガソーラー稼働newsclip

【日本】タイの亜鉛商社パデン・インダストリー(PDI)は10日、福岡市に建設した出力11メガワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)が3月に商業運転を開始したと発表した。パデンの太陽光発電所はタイに続く2...

【タイ】タイの亜鉛製錬会社パデン・インダストリーは27日、北部ターク県メーソート郡の亜鉛鉱山の操業を6月末までに停止したと発表した。埋蔵量が枯渇してきたためで、鉱山跡地は森林に復元するほか、鉱山博...

特集



新着PR情報