RSS

タイ・レムチャバン港、2018年度の貨物取扱量3%増

2018年11月15日(木) 22時23分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、Port Authority of Thailand
【タイ】タイ港湾公社(PAT)によると、主要港の2018年度(2017年10月―2018年9月)の貨物取扱量はレムチャバン港(東部チョンブリ県)が前年度比3.1%増の8649万トン、バンコク港が5.9%増の2207.7万トンだった。

 北部チェンライ県のメコン川の河川港であるチェンセン港は28.5%増の25.5万トン、同じくメコン川のチェンコン港は8.9%減、7.1万トン、南部ラノン県のラノン港は35%増、9万トンだった。
《newsclip》


新着PR情報