RSS

タイ77景(10) パトゥムターニー県(Pathum Thani) タイ中部

2018年11月15日(木) 22時24分(タイ時間)
タイ77景(10) パトゥムターニー県(Pathum Thani) タイ中部の画像
タイ77景(10) パトゥムターニー県(Pathum Thani) タイ中部
 チャオプラヤー川が県の中心を流れ、運河がクモの巣のように張り巡らされた、水の町。バンコクに接して各地へのアクセスが良好、水の豊富さから工業団地が多く、日本人にも馴染みのある県。

 300~400年前より、現在のミャンマーからモン人が移住。隣県のノンタブリー県や東部サムット・プラーカーン県同様、現在でもモン系住民を見かける。

 観光としての見所は少ないが、オレンジなどの果物や花が多く採れることで有名。新興宗教のタンマカーイが本拠地とする寺院「ワット・タンマカーイ」や、(カキらしい)貝殻の化石で建てた仏塔「ワット・チェーディー・ホーイ(写真)」など、タイ人に知られた寺院が多い。

人口: 112万9,000人(2017年、内務省地方自治振興局)
面積:1,525平方キロメートル(エネルギー省)
   人口110万1,500人の山形県ほど
   面積1,877平方キロメートルで日本最小の香川県の8割ほど
距離:バンコクから46キロ(タイ道路協会)
《newsclip》

特集



新着PR情報