RSS

JAL、バンコク線でタイの「ドイトゥンコーヒー」

2018年11月23日(金) 12時16分(タイ時間)
ドイトゥンコーヒー農園の画像
ドイトゥンコーヒー農園
写真提供、JAL
 の画像
 
写真提供、JAL
【日本、タイ】日本航空(JAL)はタイのメーファールアン財団とミカフェート(東京都港区)が共同で開発したコーヒー「ドイトゥンコーヒー」を12月1日からバンコク線の機内で提供する。

 「ドイトゥンコーヒー」は麻薬問題の平和的解決を目的とした「ドイトゥン開発プロジェクト」の一環として、タイ山岳地帯の貧困地域でケシ畑をコーヒー農園に転作するプロジェクトを通じて生まれた。ミカフェートが現地でコ-ヒーの栽培技術指導を行い、タイで貧困問題解決に取り組むメーファールアン財団と共に作り上げた。

<メーファールアン財団>
アヘン栽培、人身売買、武器の密輸で生計を立てていたタイ北部のミャンマー国境沿いの少数民族のために新たな雇用を創出し貧困問題を解決する目的で、プミポン前タイ国王の母であるシーナカリン王太后が1969年に創設した非政府組織(NGO)。
《newsclip》

注目ニュース

【日本、ベトナム】日本航空(JAL)とベトジェットエアは28日から、ベトジェットが運航するベトナム国内線の一部路線と日本―ベトナム間の路線でコードシェア(共同運航)を開始する。

【日本、インドネシア】日本航空(JAL)は6日、ガルーダ・インドネシア航空と包括的業務提携に合意したと発表した。

【日本、フィリピン】日本航空(JAL)は2019年2月1日から羽田―マニラ線を毎日1往復運航する。

特集



新着PR情報