RSS

【クアラルンプールモーターショー2018】5年ぶりに開催、来場者35万人以上を目指す

2018年11月23日(金) 12時17分(タイ時間)
KLIMS 2018のショースタートのボタンを押す、アンソニー・ローク運輸大臣(左)とDatuk 主催者であるMAAのAishah Ahmad代表。の画像
KLIMS 2018のショースタートのボタンを押す、アンソニー・ローク運輸大臣(左)とDatuk 主催者であるMAAのAishah Ahmad代表。
プレスディに開催された開会式。の画像
プレスディに開催された開会式。
開会式後は精力的に各社のブースを見て回ったローク運輸大臣。の画像
開会式後は精力的に各社のブースを見て回ったローク運輸大臣。
トヨタFT-1コンセプトの画像
トヨタFT-1コンセプト
ホンダは「ホンダセンシング」の技術を応用した買い物カートを参考出品。の画像
ホンダは「ホンダセンシング」の技術を応用した買い物カートを参考出品。
プロドゥアが出展したX-concept。の画像
プロドゥアが出展したX-concept。
プロトンが中国の吉利集団と共同開発したSUV、X70。の画像
プロトンが中国の吉利集団と共同開発したSUV、X70。
三菱は初代生誕40周年となるピックアップトラック、トライトンの新型を発表。の画像
三菱は初代生誕40周年となるピックアップトラック、トライトンの新型を発表。
ヒュンダイはフルEVのKONA electronicを右ハンドルで出展。の画像
ヒュンダイはフルEVのKONA electronicを右ハンドルで出展。
「どうやって曲がる?」と思わせるマレーシア国内最長のリムジン。の画像
「どうやって曲がる?」と思わせるマレーシア国内最長のリムジン。
大学生が作った装甲車のコンセプトモデル。の画像
大学生が作った装甲車のコンセプトモデル。
ヒストリックコーナーも人気を呼びそうだ。の画像
ヒストリックコーナーも人気を呼びそうだ。
KLMIS 2018はMITECにとって事実上のこけら落としとなった。の画像
KLMIS 2018はMITECにとって事実上のこけら落としとなった。
クアラルンプール国際モーターショー2018(KLIMS'18)は、11月23日から12月2日まで、マレーシア国際貿易展示センター(MITEC)で一般向けに開催する。11月22日にはプレスディとして報道陣に先行して公開した。クアラルンプールでモーターショーが開催されるのは5年ぶり。

ショーにはホンダ、ヒュンダイ、いすゞ、キア、レクサス、三菱、日産、トヨタ、タタなどの海外メーカーのほか、マレーシア国産メーカーとして、プロドゥアとプロトンが出展。二輪ではホンダ、カワサキ、ベネリの3メーカーが出展し、参加企業は計74社。今回のショーは2017年にオープンしたMITECにとって2つのフロアを使う初の大規模イベントとなった。

22日のプレスディには主賓としてアンソニー・ローク運輸大臣が出席。45分という“大遅刻”で開会式の開催が遅れたものの、主催者であるマレーシア自動車工業会(MAA)のと共に、開会を宣言するボタンを押して式典を盛り上げた。

ショーのテーマは、“Beyond Mobility”。Datuk Aishah Ahmad代表は開会式の挨拶で、自動車の将来 - 設計、技術、そして最新のトレンドを示せる場としたいと述べた。

会場には新型車に混じって多くのコンセプトカーを出展。トヨタは、TS030ハイブリッド・ルマン・プロトタイプ1(LMP1)と、FT-1コンセプトのほか、自動運転対応のレクサスLS +コンセプトを展示。ホンダは安全運転技術「ホンダセンシング」を応用した買い物カートのコンセプトモデルを披露した。

三菱はすでにタイでデビューを果たしている新型ピックアップトラック「トライトン」を発表。ヒュンダイは新型SUV「サンタフェ」の最新モデルのほか、フルEVの「KONA」を右ハンドルで出展していたのが目を引いた。

マレーシア国内メーカーはどうか。プロトンは中国の吉利集団と共同開発した初のSUV「X70」を出展。9月初旬の先行受注を開始して以来、すでに1万台を超える受注を得ており、その背景にはアジアンNCAPで高得点を獲得したことも大きいようだ。プロドゥアは、将来のライフスタイルに向けたテクノロジーを満載したコンセプトカーX-Conceptをマレーシア国内で初めて発表した。

主催者のMAAは今回のショーで35万人以上の来場者を目標にしている。お隣のバンコクモーターショーなどと比べると規模こそ小さいが、マレーシアのマハティール政権は新たな国産車メーカーを立ち上げる計画を打ち出すなど、自動車による産業育成を目指している。MAAとしてもこのショーを2年ごとに開催する予定にしており、今回のショーはその試金石となりそうだ。
《会田肇@レスポンス》


新着PR情報